スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペフェチ

2015.01.16.Fri.17:29
すっかりご無沙汰してしまいました。
インフルエンザが猛威を振るっていますが、みなさまお元気でお過ごしでしょうか?

「ブログ、楽しみにしていますね」
とか
「他の方のセッション、どんなのか知りたいです」
とかお声をいただくのですが、
「ちょっと、こ、これは……」的なセッションが続き、
なかなかパブリックにご紹介できるネタがなくて困っておりました。

……と言い訳などをしていると、師匠筋から「コラ!更新しろ!」とお叱りの電話が。
さっそく、画像フォルダから使えそうな画像を見つけてきましたよ。

12月にお見えになったオペフェチさん。
「やあ、華岡さん、7年ぶりですね~!」と懐かしいお顔を見せてくださいました。
今回はご自分もドクターコートやオペガウンを着たいということで
その展開に沿ったストーリーも考えてきてくださいました。

「華岡くん、最近体調が優れないんだが、ちょっと診てみてくれないか」
「あら先輩、大変。今日はオペが入ってますよね?
その前に何とかしなくちゃいけませんね」

ということで、お昼休みの診察室で女医華岡が、先輩ドクターを診察。
そうこうしているうちに、オペの時間が迫り、
お互いに補助し合いながらオペ着に着替えます。
(この着替えの所作がキモなのです!
オペフェチさん、このときの目が一番真剣でした)

いざオペが始まり、患者さん(エア患者さん)が麻酔で眠ってしまうと、
先輩ドクターの様子が急変。

「先輩!大丈夫ですか!」
「ううう、華岡くん、処置を頼む!」

患者さんそっちのけで、女医華岡は先輩ドクターのオペガウンをたくし上げ、
パンツを下ろして緊急処置を施すという、ハチャメチャで楽しいセッションでした。

ラストシーンのBGMはモーツアルトのレクイエム(笑)。
この方、7年前もおなじBGMを持ち込みされました。
(わたし、そんなひどいことしないんですけどねぇ……)

opem.jpg





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。